悪徳リフォーム業者が良く使うセールストーク

悪徳リフォーム業者が良く使うセールストーク



悪徳悪質なリフォーム会社がよく使う常套句があります。


1.契約を急がせる


「今日中に契約していただければ工事費用を半額にします」


普通に考えて、工事費用半額とかありえません。

では、元の見積もりに記載されている工事費用は何だったのか?


という事になります。


契約を急がせるために、大幅な割引や値引きを餌にするリフォーム業者の営業は警戒しましょう。




2.介護保険を使ってバリアフリーに無料でしませんか?


悪徳リフォーム業者は、高齢者をターゲットにします。


確かに介護保険を使った住宅改修工事の制度があります。

しかしこの制度、最大20万円の工事費用に対して9割を支給する制度。


バリアフリーのリフォームを20万円で納めることも難しいです。

全て無料ではありません。


リフォームに「無料」や「モニター」や「大幅な割引」を口実にセールストークを使う業者がいますが

悪徳悪質リフォーム会社の可能性が高いので、注意が必要です。




3.何度も訪問する


実際に訪問販売の鉄則に「何度も訪問する」といった鉄則みたいなものがあります。

確かに、どこのだれかわからない人が突然訪問して、「リフォームしませんか?」と言っても99.9%断ると思います。


訪問販売スタイルの営業マンは、仕事を契約してなんぼの「歩合制」です。

だから仕事を取りたいがために、強引な手法で契約を取ろうとします。


勘違いしやすいのは、何度も足を運んでくる営業マンに対して

「あなたの熱意には負けたよ」


みたいに同情から話を聞くパターンです。


訪問販売の営業マンは、何度も足を運びます。


そもそもですが、優良なリフォーム会社は「飛び込み営業」なんてしません。



上記の「悪徳リフォーム業者が良く使うセールストーク」や訪問パターンは

悪質リフォーム業者が使う手法の一部です。



まとめると

「契約を急がせる」

「大幅な割引」

「無料」


このような特典を使って契約を結ぼうとするリフォーム業者は、注意が必要です。






リフォームの見積には「詳細見積」と「一式見積」がある

リフォームの見積には「詳細見積」と「一式見積」がある



リフォーム会社から見積もりが出たら、まず見るところは「総額」かもしれません。

それはそれで良いのですが、リフォーム総額が「安い」「高い」だけで決めるのは安易かと思います。


リフォームの見積は2~3社のリフォーム会社から相見積を取って比較することを推奨した記事を以前にも書きました。


注目すべき点はリフォーム見積の中身です。


リフォームの見積には「詳細見積」と「一式見積」があります。




【詳細見積とは】

項目ごとに費用の明細が細かく記載されている見積書のことです。

使用する部材や設備機器のメーカー、品番、価格、数量など具体的に記載されています。



【一式見積とは】

おおまかな項目が記載されており、「合計で〇〇円です」と記載されている見積書です。



リフォーム会社によっては、「一式見積」を提出する会社と、「詳細見積」を提出する会社。

また、「両方を提出」してくれる会社があります。


リフォーム実績があり、お客の事を考えているリフォーム会社は、「詳細見積」と「一括見積」の両方を提示してくれるところが多いです。



詳細見積の中には、素人が見ても良くわからない部分もあります。

しかし、複数のリフォーム会社を見積もり比較をする際に、この詳細見積が無ければ比較できません。



一式見積しか出さないリフォーム会社は、どんぶり勘定で見積もりを出すところもあります。

しっかりしたリフォーム会社は、細かく計算して詳細見積を出します。



どんな見積書を出す会社が信用できるのか?

結論は出ていると思います。



リフォームの見積は、総額だけで判断するのではなく

その会社の「見積書」の中身にまで目を通して比較検討することは重要なことです。



2度手間を防ぐためにも、リフォーム会社に見積依頼をするときは

「詳細見積」と「一式見積」の両方を提示してもえるか?確認すると良いでしょう。



そこで「うちは一式見積しか出していません」と回答があるリフォーム会社には

初めから見積もり依頼をしないほうが良いかもしれません。

延べ床面積(51~100平米/15~30坪)塗料の違いによる外壁・屋根塗装の料金

①アクリル
②ウレタン
③シリコン
④フッ素


上記塗装の種類は①から④へと進むにつれて耐久性が高い。

同様に価格も高くなります。


延べ床面積(坪数/平米数)と塗料の違いによる外壁・屋根塗装の料金



外壁塗装や屋根塗装の塗装料金は塗料の種類によって価格が異なります。



以下は延べ床面積が51~100平米(15~30坪)の建物に外壁塗装/屋根塗装をした場合の料金目安です。



【51~100平米(15~30坪)でアクリル塗料を使用の場合】


<外壁塗装費用の目安>


外壁塗装35万円〜61万円

足場代15万円〜20万円


《 外壁塗装費用合計 》50~81万円



<屋根塗装費用の目安>


屋根塗装15万円〜32万円

足場代15万円〜20万円


《 屋根塗装費用合計 》30~52万円


塗料の種類



【51~100平米(15~30坪)でウレタン塗料を使用の場合】


<外壁塗装費用の目安>


外壁塗装39万円〜64万円

足場代15万円〜20万円


《 外壁塗装費用合計 》54~84万円



<屋根塗装費用の目安>


屋根塗装18万円〜35万円

足場代15万円〜20万円


《 屋根塗装費用合計 》33~55万円








【51~100平米(15~30坪)でシリコン塗料を使用の場合】


<外壁塗装費用の目安>


外壁塗装43万円〜71万円

足場代15万円〜20万円


《 外壁塗装費用合計 》58~91万円



<屋根塗装費用の目安>


屋根塗装21万円〜39万円

足場代15万円〜20万円


《 屋根塗装費用合計 》36~59万円



外壁塗装と屋根塗装



【51~100平米(15~30坪)でフッ素塗料を使用の場合】


<外壁塗装費用の目安>


外壁塗装47万円〜81万円

足場代15万円〜20万円


《 外壁塗装費用合計 》62~101万円



<屋根塗装費用の目安>


屋根塗装26万円〜45万円

足場代15万円〜20万円


《 屋根塗装費用合計 》41~65万円




上記「51~100平米(15~30坪)」の建物に

外壁塗装や屋根塗装をする際にかかる塗料別の費用。



概算見積もりから、優良リフォーム業者の紹介までネットでできるサービス。


【ヌリカエ】の公式サイトはこちら




神奈川県で評判の屋根修理業者

屋根修理、屋根のリフォーム、屋根塗装など。

神奈川県で評判の屋根工事業者。


神奈川県で評判の屋根修理業者







テイガク屋根修理 横浜工事センター
神奈川県横浜市港北区新羽町1960
045-717-6562


屋根修理110番
神奈川県横浜市南区南太田3丁目12−4
0120-915-001


(有)山本屋根工事店
神奈川県相模原市緑区中野1958−258
042-780-5784


街の屋根やさん 横浜支店
神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目2−6
045-476-9990


(有)湘南理想商事
神奈川県横浜市泉区中田東2丁目7−3
045-803-1731


屋根外装工事株式会社
神奈川県横浜市都筑区北山田1丁目9−3
0120-445-668


(有)小牧瓦店
神奈川県横須賀市米が浜通1丁目3
046-876-8442



四季彩ホーム