リフォームの見積には「詳細見積」と「一式見積」がある

リフォームの見積には「詳細見積」と「一式見積」がある



リフォーム会社から見積もりが出たら、まず見るところは「総額」かもしれません。

それはそれで良いのですが、リフォーム総額が「安い」「高い」だけで決めるのは安易かと思います。


リフォームの見積は2~3社のリフォーム会社から相見積を取って比較することを推奨した記事を以前にも書きました。


注目すべき点はリフォーム見積の中身です。


リフォームの見積には「詳細見積」と「一式見積」があります。




【詳細見積とは】

項目ごとに費用の明細が細かく記載されている見積書のことです。

使用する部材や設備機器のメーカー、品番、価格、数量など具体的に記載されています。



【一式見積とは】

おおまかな項目が記載されており、「合計で〇〇円です」と記載されている見積書です。



リフォーム会社によっては、「一式見積」を提出する会社と、「詳細見積」を提出する会社。

また、「両方を提出」してくれる会社があります。


リフォーム実績があり、お客の事を考えているリフォーム会社は、「詳細見積」と「一括見積」の両方を提示してくれるところが多いです。



詳細見積の中には、素人が見ても良くわからない部分もあります。

しかし、複数のリフォーム会社を見積もり比較をする際に、この詳細見積が無ければ比較できません。



一式見積しか出さないリフォーム会社は、どんぶり勘定で見積もりを出すところもあります。

しっかりしたリフォーム会社は、細かく計算して詳細見積を出します。



どんな見積書を出す会社が信用できるのか?

結論は出ていると思います。



リフォームの見積は、総額だけで判断するのではなく

その会社の「見積書」の中身にまで目を通して比較検討することは重要なことです。



2度手間を防ぐためにも、リフォーム会社に見積依頼をするときは

「詳細見積」と「一式見積」の両方を提示してもえるか?確認すると良いでしょう。



そこで「うちは一式見積しか出していません」と回答があるリフォーム会社には

初めから見積もり依頼をしないほうが良いかもしれません。

この記事へのコメント


四季彩ホーム